四万十川の2018新青のり取れています

四万十川の2018新青のり取れています。

画像は1/18の早朝です。



青のりを干すためのロープにはびっしり吊されていました。



この頃はちょっと暖冬気味になってましたが、奥の方は雪が降って、その冷たい雪解け水が流れてきていて、青のりが育っているのでは?と青のりを取るおんちゃんがいってました。

16日に見に行ったときには、下流から5、6キロぐらいの所ではとってませんでしたが、かなり上流でも取れてるみたいです。




満潮だったのでわかりにくいですが、緑の藻が石についています。



で、2018年の今年の四万十川の青のり原藻の販売状況ですが、ようやく少しずつ取れ始めた状況で、現在の所販売については未定で、加用物産三によると、3月末~4月初めに採取量がはっきりするので、販売再開の判断はその頃になるようです。


四万十川の青のり原藻の販売再開が決まりましたらメールにてお知らせしますので、よかったらこちらから登録をお願いします。